タケヒロ模型記 今日ネタ11月22日~十四年式拳銃続き~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日ネタ11月22日~十四年式拳銃続き~

ヒャッホー!明日は休みだぜ!
どうも今晩は、最近理解不能な夢ばかり見るたけひろです。
14年式の前にこの夢の話をしてやろうかな。
まず昨日の夜(寝たの12時だから今日とでもいえるな)。
なるべく短く説明しようか・・・・・・・・・
PART?:なぜか俺は夢の中でクウガタイタンフォームに変身してセイバーさんと斬りあう
この夢から推理できる俺の精神状態を誰か鑑定していただきたい。
まあたぶん寝る前にフェイトやってクウガの装着変身着けたり外したりして遊んでたからだと思うんですが・・・・・・・。
PART?:なぜかけいおん厨(けいおんの後に「!」はつけたほうがいいのか?)と戦争する。
僕はアパッチに乗って30mm機関砲撃ちまくりながら「逃げた奴はけいおん厨だ!逃げない奴はよく訓練されたけいおん厨だ!」。
フルメタル・ジャケットなんて見て無い上にあの映画であのクレイジーな奴が乗ってるのはS-58なのでなんか違うんですが・・・・・。
原因は恐らく昼間の学校でけいおん厨がうざかったからでしょうけど・・・・・・・・。
そのうち見なくちゃなフルメタル・ジャケット

さてハートマン軍曹の動画ばかり見ていないで本題に入りましょうか。
前回は概要だけだったかな。
14年式最終
さあ何が変わったかな?
そうです、ついにペイントを使って絵を書くことを覚えました。
手で書くより簡単かも知れんな・・・・・・・・多分ずっとこれからもペイントで書くでしょう。
今回はこいつのちょっと詳しい説明。
この銃の大本になっているのは前回も書きましたモーゼルC96やグリセンティM1910ですが、元になっているのは南部麒次郎氏の南部大型拳銃。
14年式は南部大型を土台にして作られたわけです。
開発の経緯は二十六年式拳銃が大分古くなってきたのでその後続1924年に開発開始、1925年に陸軍によって制式採用されました。
1930年代には後続の94年式拳銃が登場しますが1945年終戦まで日本軍の主力拳銃として生産・使用されています。
その間にも数々の改良を受けていますが主だったものには、昭和13年3月の改良で、トリガーガードが円形のものから卵形のものに変更されていますこいつのことを俗に『後期型』と呼んだりします。(ちなみにこの画像は後期型、前期型はもっと丸いトリガーガード)
なぜこんな形になったか、理由は簡単、前期型では手袋をはめたままだとトリガーガードに指が入らず撃つことが出来なかったのです。
それくらい考えて作れよと突っ込みたくもなりますが、そこはノータッチで行きましょう。
ちなみに前期型から後期型に改造する場合、工廠にもっていけば5円で改造してもらえたそうです。
「5円?安!?」5円は今で言う大体9000円くらいです、結構高い。

あいも変わらず文章力の無さが目立ちますがそこはノータッチ。
暫くは2次大戦中の拳銃に絞って書いてみようかなと思います。
独、日と枢軸国が並んだので次は伊のベレッタM1934ですね。
ではまた次回、次回は遊戯王かな。
では
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけひろ君

Author:たけひろ君
どうもこんにちは、良くこのブログへいらっしゃいました。歓迎いたします。めくるめくるしょうも無いネタの数々をご堪能あれ。
コメントは気軽にどうぞ、たくさん書いていってくださいね(悪口は厳禁)
メールはこちらまで
silvergantoretΧyahoo.co.jp
Χを@に変えてください

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カテゴリ
未分類は黒歴史。 みないで~見るなっつってンだろがぁぁぁぁぁ!
ツイッター
書いてる小説
小説サイトで僕の小説をまとめて読もう。 (ライダーイン東方だけだけどね)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。