タケヒロ模型記 艦船模型製作記~舞風Part2~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

艦船模型製作記~舞風Part2~

どうも今日はたけひろです

今日はローソンの十六茶にまどマギのストラップがつくとのことで行ってきました。

いや、俺の学校の近くまったくローソン内のね。

ミニプとかはあるんだけどね、マジでローソンがない。

仕方なく10分くらい自転車こいで行ってきました。

結構売れてるかと思ったけどあんまし売れてないみたいで・・・・とりあえずマミさんと杏子だけ入手。

さやかとまどかとほむほむはまた後日、QBはいらね。





というわけ(どういうry)で舞風製作行きましょう。

今回は船体の電路と窓の再現

電路、窓ともに箱裏側の図を見ながらマジックで位置を書き込み、窓は0,6mmピンバイスで再現。

電路は0,3mmのプラ板を薄切りにした物を使います。

2012012716370000.jpg

とりあえずこんな感じで書き込んで(※この後線がガタガタな上、引き間違えがあったためやり直しとなりました。)

2012012815150000.jpg

んでもってピンバイスでかりかりっと(※艦尾の方の窓ががったがただったためプラ棒とパテで埋めた後やり直しとなりました)

こうやって改めて写真で見ると結構曲がってますね・・・・

まっすぐ線を引く方法を思案中、いい案があったら教えてください。

此処から船体の塗装を・・・・と思ったのですが、ふと「ハルレッドから先に塗ったらマスキングしやすいんじゃね?」なぞと浅知恵を思いつき実行。

2012012910320000.jpg

結果?撃沈です

普通に軍艦色を塗ってからマスキングした方が楽です。

というわけで今回の作業終了。

ちなみに写真に写っている塗料は

水性ホビー H83 軍艦色(2)
タミヤアクリル XF9 ハルレッド
        XF79 リノリウム甲板色

ちょっと前までリノリウム甲板はレッドブラウンで塗っていたのですが、近所のジョーシンで見つけて以来これを使っています。

軍艦色の使い分けはしていません。


と、まあこんなところで今回は。

1週間以内とか言いつつも約束を破っている俺っていったい・・・・  

次こそ1週間以内の更新を目指します。

ではまた次回も!  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけひろ君

Author:たけひろ君
どうもこんにちは、良くこのブログへいらっしゃいました。歓迎いたします。めくるめくるしょうも無いネタの数々をご堪能あれ。
コメントは気軽にどうぞ、たくさん書いていってくださいね(悪口は厳禁)
メールはこちらまで
silvergantoretΧyahoo.co.jp
Χを@に変えてください

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カテゴリ
未分類は黒歴史。 みないで~見るなっつってンだろがぁぁぁぁぁ!
ツイッター
書いてる小説
小説サイトで僕の小説をまとめて読もう。 (ライダーイン東方だけだけどね)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。