タケヒロ模型記 艦船模型製作記~天龍1942地獄のディティールアップPart6~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

艦船模型製作記~天龍1942地獄のディティールアップPart6~

どうもこんばんは、たけひろでございます。

先日ついに松江にもゲオができました。

いやはや、今までこの辺りでレンタルビデオと言えばTUTAYAとアリオンくらい。しかも旧作1週間借りるのに300数十円。

近所のゲオではいつでも旧作100円で借りれた環境からすればもうびっくりとしか言えない場所でしたが、ゲオができたことでおそらく旧作100円になるでしょうね。

ちなみに今はプレオープンとか言って50円で借りれたり、先日に至っては旧作10円という偉業をやってのけたゲオであります。

まあ10円がうれしくてDVD借り過ぎて見れないような気がしてきたのですが……

ちなみにVガンダムを7巻まで借りてきて見ている途中、いまやっとシュラク隊が出てきたところです。



さて、いつまでもゲオの話をしている場合じゃなくて。

天龍をやりましょう天龍を

今回は主砲、魚雷発射管のディティールアップを紹介します。

まず魚雷発射管、もうなんといえばいいのは分からないブツです。

IMG_0167.jpg

これは発射管なんだろうか? もしかしたらミサイルなんじゃないのか?

しかしシールドなしの53㎝3連装発射管なんて持っていないのでこれを基本形にしてディティールアップを行います。


IMG_0192.jpg

とりあえずこんな感じに切断。

この後は、プラ版、伸ばしランナー、それとウォーターライン小型艦用の共有パーツ(Xのランナー)の53㎝発射管を利用してディティールアップします。

IMG_0203.jpg

こんなふうになります。


お次は主砲。

IMG_0168.jpg

基本形はそこまで悪くありませんが、前面のモールドが飛び出すほど濃いです。

まずこれを削り薄くします。

さらにシールド内部をディティールアップするためにこれを使用します。

IMG_0214.jpg

再びXのランナーからパーツ登場、14㎝砲を使用します。

まず、船体に接着するためのダボを切り取り、内部を若干くり抜きます。

IMG_0216.jpg

でもって防水布をエポキシパテで再現して完成。

今回マストの制作もやろうと思いましたが、マスト製作途中の写真が全くないので最後のほうに飛ばします。

次回は細かいところをちょこっとやって次の次くらいで完成にしましょうか。

では、また次回、今度は12月の頭にお会いしましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけひろ君

Author:たけひろ君
どうもこんにちは、良くこのブログへいらっしゃいました。歓迎いたします。めくるめくるしょうも無いネタの数々をご堪能あれ。
コメントは気軽にどうぞ、たくさん書いていってくださいね(悪口は厳禁)
メールはこちらまで
silvergantoretΧyahoo.co.jp
Χを@に変えてください

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カテゴリ
未分類は黒歴史。 みないで~見るなっつってンだろがぁぁぁぁぁ!
ツイッター
書いてる小説
小説サイトで僕の小説をまとめて読もう。 (ライダーイン東方だけだけどね)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。