タケヒロ模型記 たけひろミリタリーのお話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日ネタ12月2日~ベレッタM1934~

どうも今日はたけひろです。
何でこんな時間にうpしてるかって?
テスト中だからですよ、それも明日で終わり、明日やれって?そんなこと気にしてはいけないよ!

なに言ってんだか分からなくなったところで今日の本題に。
今日はベレッタの名銃M1934を取り上げます。
ほら、NOIRで主人公の夕叢霧香が使ってた奴。
え、NOIR知らない?アニスク行って今すぐ見ろ。
てなわけでレッツゴー!と行きたい所ですが・・・・・・・・
本日より銃器を解説していただける柴山先生です!
sibayamasennsei deforuto:うむ、今回から銃器を解説することになった柴山(1歳8ヶ月♀)だ、この愚か者に銃が何たるかを教えてやるためにわざわざ小屋から出てきてやったのだ感謝してもらいたい。
たけひろ(以下‘た'):感謝してますよ先生、俺一人で解説するのって難しいんですからね。
柴山(以下‘柴'):全く感謝の気持ちが見えん!まあよい、説明してやる、今日はベレッタM1934だったな。
た:そうですよ、あ、画像があったの忘れてた。
berettaM1934kansei.png

柴:今までも思っていたがこれもっと小さく出来んのか?
た:サムネで表示したいんですがそうするとやけに小さいんですよ、今の柴山先生の画像くらいになっちゃう。
柴:不便だな・・・・・・まあ仕様が無いかよしではこの銃について知っていることを言ってみろ。
た:了解です!ベレッタM1934はピエトロ・ベレッタ社がイタリア軍の採用したM1915の発展系としてM1931とM1932を作って、それをさらに改良してイタリア軍が1934年に採用したのがこの銃ですよね。
柴:歴史だけ言うならそれでまあ90点だ、M1915を採用した経緯なんかもいえればよかったな。ちなみにイタリア軍はM1915を採用する前は量産のきかないグリセンティM1910を採用していてだな、そこでベレッタ社に「量産のきく奴を作れ」といったわけだ、それがM1915だな。ついでに言うとお前の説明にはたりないところがあってな、M1934は最初警察で採用された銃だ、かなり性能が良かったから軍がそれに目をつけたわけだな。
た:そうだったんですか、確かこれって1980年代まで作られてて製造数100万丁をこえてるんですよね。
柴:数については諸説あるがまあそんなものだろう、歴史についてはそんなもんだ、次は性能とかスペックについてちょっと挙げてみろ。
た:えっと……使用弾薬は.380ACP弾で装弾数7+1発、全長149mmで重さが660g、有効射程が25mで銃口初速が240m/s構造はシンプルなストレートブローバックで・・・・・・・
柴:ちょっと待て、お前どっかのサイトのデータコピペしただろ、装弾数の+1ってとこと銃口初速についてちょっと説明してみろ。
た:コピペなんてしてませんよ+1は弾丸を一発銃本体の薬室に入れられるって事でしょう。銃口初速は弾頭が銃口から出て行くときの速度でしょ?
柴:まあそんな感じだな、じゃあストレートブローバックってのはなんだ?
た:え~っと・・・・・・・シンプルブローバック方式の別名で、遊底の後退速度を低減する機構を持たないため鋼威力の弾丸を使用できず・・・・えっと~
sibayamasennsei akire:その辺にしてけ、分からないなら分からいって素直に言えよ、しょうがないから私が説明してやる。
た:すみません・・・・・有難うございます・・・・・・(クソ、犬の分際で)
柴:何が犬の分際だ、説明してやらんぞ。
た:いや、すみません、お願いします。(なぜ分かった?)
柴:はァ・・・・、シンプルブローバック方式って言うのはだな、ブローバックの中でももっとも基本なモノだ。あ、ブローバックって言うのの意味はわかるな。
た:流石にそれはね・・・・・弾丸を発射したときに発生したガスで遊底を動かして弾丸を自動的に装填するっていう仕組みでしょう。
柴:ウム、まあいいだろう。でそのシンプルブローバック方式っていうのはだな、遊底が動く速度を調節する仕組みが無いんだ、だから遊底の重さとバネで動きを抑制するしかないんだ。だからお前がさっき言った「威力の高い弾を使えない」って言うのは、この仕組みの銃で威力の強い弾を使うと遊底がものすごい速さで動いて大変なことをおこすわけだな。
た:大変なことって?
柴:まあ銃が割れたりするんだろうな。へたすりゃ暴発なんてこともあるかも知れんな。
た:暴発って・・・・・高威力弾の暴発なんて考えたくも無いんですが。
柴:まあな、だからこの仕組みを採用すると拳銃だと例外はあるにせよ.380ACP弾以下の威力の弾しか使えないわけだ。ついでだがサブマシンガンでもこの仕組みを持つのがあってな、そいつらは遊底の重さに制限を受けにくいから拳銃弾にしては高威力の9mmパラベラム弾、.45ACP弾、.40S&W弾なんかが使えるんだ。
た:拳銃なんかで9mmパラベラム弾やら.45ACP弾使ってるのはシンプルブローバック方式じゃないと?
柴:例外はあるが大体そうだ。
た:で、よく言われる「確実な動作とか」「堅実な設計」って言うのは?
柴:まあシンプルブローバック方式だろうな、後は色々あるんだが今回はシンプルブローバック方式の説明にとどめておこう。
た:そのほかには設計に特徴とかは無いんですか?
柴:排莢口(この画像では見えない)が大変大きかったから排莢不良が少なかったって言うメリットがあるな。こっちの方がシンプルブローバック方式より大きな特徴かも知れんな。短所といった短所はあまり無いのだがまあセイフティーの位置(この画像では真ん中より少し右にある丸い線の入ったパーツ)が悪くて取り回しが悪かったのと弾丸の威力不足くらいか。
た:これといって酷い欠陥は無かったんですね。
柴:この時代の傑作銃のひとつといってもいいな。
た:そういえば北アフリカでイギリス兵がこの銃漁ってたって話も聞きますが・・・・
柴:アメリカ軍もルガーとかワルサー漁ってたしな。
た:それほどいい拳銃だったんですかね、ガバメントだってこの時代の傑作銃だと思うんですが。
柴:まあな。でも「無いものこそ欲しくなる」って言う人間の本性じゃないかねぇ。
た:そんなもんですかね、そんなことより使う弾薬でも説明してくださいよ。
柴:お前の振った話題だろ、.380ACP弾はジョン・ブローニングが設計した自動拳銃用の弾丸だ、一昔前はヨーロッパで警察用の銃の弾として一世を風靡してたんだがまあ時代にゃ逆らえずに9mmパラに変わっちまったみたいだがな。
た:ワルサーPPKなんかもこの弾なんですよね。
柴:そうそう、さてそろそろ説明も面倒になってきた、これで今回は終わりにしようか。
た:そうですね、ではまた次回。
柴:次はトカレフだな、お楽しみに。

今日ネタ11月22日~十四年式拳銃続き~

ヒャッホー!明日は休みだぜ!
どうも今晩は、最近理解不能な夢ばかり見るたけひろです。
14年式の前にこの夢の話をしてやろうかな。
まず昨日の夜(寝たの12時だから今日とでもいえるな)。
なるべく短く説明しようか・・・・・・・・・
PART?:なぜか俺は夢の中でクウガタイタンフォームに変身してセイバーさんと斬りあう
この夢から推理できる俺の精神状態を誰か鑑定していただきたい。
まあたぶん寝る前にフェイトやってクウガの装着変身着けたり外したりして遊んでたからだと思うんですが・・・・・・・。
PART?:なぜかけいおん厨(けいおんの後に「!」はつけたほうがいいのか?)と戦争する。
僕はアパッチに乗って30mm機関砲撃ちまくりながら「逃げた奴はけいおん厨だ!逃げない奴はよく訓練されたけいおん厨だ!」。
フルメタル・ジャケットなんて見て無い上にあの映画であのクレイジーな奴が乗ってるのはS-58なのでなんか違うんですが・・・・・。
原因は恐らく昼間の学校でけいおん厨がうざかったからでしょうけど・・・・・・・・。
そのうち見なくちゃなフルメタル・ジャケット

さてハートマン軍曹の動画ばかり見ていないで本題に入りましょうか。
前回は概要だけだったかな。
14年式最終
さあ何が変わったかな?
そうです、ついにペイントを使って絵を書くことを覚えました。
手で書くより簡単かも知れんな・・・・・・・・多分ずっとこれからもペイントで書くでしょう。
今回はこいつのちょっと詳しい説明。
この銃の大本になっているのは前回も書きましたモーゼルC96やグリセンティM1910ですが、元になっているのは南部麒次郎氏の南部大型拳銃。
14年式は南部大型を土台にして作られたわけです。
開発の経緯は二十六年式拳銃が大分古くなってきたのでその後続1924年に開発開始、1925年に陸軍によって制式採用されました。
1930年代には後続の94年式拳銃が登場しますが1945年終戦まで日本軍の主力拳銃として生産・使用されています。
その間にも数々の改良を受けていますが主だったものには、昭和13年3月の改良で、トリガーガードが円形のものから卵形のものに変更されていますこいつのことを俗に『後期型』と呼んだりします。(ちなみにこの画像は後期型、前期型はもっと丸いトリガーガード)
なぜこんな形になったか、理由は簡単、前期型では手袋をはめたままだとトリガーガードに指が入らず撃つことが出来なかったのです。
それくらい考えて作れよと突っ込みたくもなりますが、そこはノータッチで行きましょう。
ちなみに前期型から後期型に改造する場合、工廠にもっていけば5円で改造してもらえたそうです。
「5円?安!?」5円は今で言う大体9000円くらいです、結構高い。

あいも変わらず文章力の無さが目立ちますがそこはノータッチ。
暫くは2次大戦中の拳銃に絞って書いてみようかなと思います。
独、日と枢軸国が並んだので次は伊のベレッタM1934ですね。
ではまた次回、次回は遊戯王かな。
では

今日ネタ11月16日~十四年式拳銃~

どうも今晩はたけひろです。
本日は学校のなんかの事業によってクラシック音楽の鑑賞会でした。
どこの楽団かとか書くとなんか学校特定されそうですが気にしな~い、書かないけど。
僕はビミョ~なクラシックファンですので結構楽しんで聞いていました。回りは爆睡だけど。
そんなこんなで今日は十四年式拳銃を紹介。
する前に言っておきたい事がある!
十四年の前に南部をつけてはならん!
確かにこの銃は南部式自動拳銃を改良したモノですが、南部麒次郎氏は設計にかかわっていません、さらに制式名称は十四年式拳銃です。
よって南部をつけるな!
まあアメリカ人がNambu Nambu言っているせいだと思うのですが。
ちなみに色々と大いに参考にさせていただいているウィキペディアでも英語版の記事はType 14 8 mm Nambu Pistolとなっております、アメリカじゃそっちが正しい呼び方なのだろうか?
分からん。
まあいいや、画像を載せよう。
と思いましたが僕の描いた絵がまるで適当なため(いつもだろ)およそ人に見せられるものではない(いつもry)仕方が無いので画像は次回で勘弁してください!
とりあえず今回は簡単な説明だけ。
こいつは日本独自の8mm南部弾という弾丸を使用する自動式拳銃で、装弾数は8+1発。
外観がルガーP08に似ている上に一部の仕組みが同じなためルガーのパチモンみたいなことを言う奴がいますが、そうではありません。
こいつの中身はモーゼルC96やらグリセンティM1910のパクリです。
パクリというと聞こえが悪いですが、どんな拳銃でも殆ど何らかの銃のパクリといって過言ではないのでまあ別に問題ないでしょう。大体どの時代のどんな兵器だって「大いに参考」とか「~をベースに」とか言ってる時点で「~の部分をパクって残りは自分たちで開発しました」ということなんですから。
ちなみにこんな不思議な外観ですが、当時としては機構、性能ともにフツーの拳銃だったそうな。
それに「8mm弾なんて使ってるのは日本だけ」なんていいますが、コルトガバメントの.45ACP弾だってアメリカしか使ってないわけであります。
まあ規模が違うんでしょうけどね。
ちなみに生産数は約28万丁、しかしライバルのガバメントにいたってはもう数え切れないほどの数が生産されており、数で圧倒されています。
ちなみにワルサーP38は1945年までに123万5千丁、ルガーとベレッタはウィキペディアに数が載っていないのでとりあえず触れないことにします。(ウィキペディアの数は大体信用できるからな~)
ちなみに終戦後もガバメントがやってくるまで警察の拳銃となり、朝鮮戦争初期には朝鮮人民軍の制式拳銃となりました。
その他でも東南アジアや中国で使用されたり(大部分は旧日本軍がおいていったものだろうな)しています。
とりあえず簡単な説明だけ。
ではまた次回画像付きで。

今日ネタ10月23日~ワルサーやり直し~

前回行ったようにサイズの再度やり直しやってP38とac41の刻印を入れました。
wp38.png
今回はサイズうまく言った。
今日はもうひとつ遊戯王の記事を。
ではまたすぐ。

今日ネタ10月17日~今日はワルサーP38~

どうも今晩は、修学旅行の移動のバスでノリノリで残酷な天使のテーゼ歌ったらその場が凍りついた上に録音されてて学校に行きたくないたけひろです。
もう現実逃避ついでに明日学校終わったらイマジンの10円コーナーでごそごそやった後に近くのわけの分からん店でカードでも買おうと思います。
明後日はフェイズにGOですかね
まあ気分とフェイズに誰がいるか次第ですけど。

で、
今日はタイトル通りに旧ドイツ軍採用のワルサーP38、といっても戦後も1995年にH&K P8に変わるまでワルサーP4として使われてたんですけど。
ああワルサー、我が憧れのワルサー、足~元に~絡み~付く~、赤い~波を~け~って~、マシン~が叫ぶ~、狂った朝の光にも似た~あ~
おっと無駄に歌って著作権でこのブログが消されるリスクを高くする必要もないか。
そんなわけで今日も僕の絵で。
P38.png
サイズが大きくてはみ出してやがる・・・・・・、まあ気にせんでよろしいか。
ワルサーP38はカール・ワルサー社が開発したダブルアクションの自動拳銃です。
1934年頃に開発が開始、37年にワルサーHPの名前で完成、38年に独軍に採用されました。
ルガーP08を置換するための物だったようですが完全には置き換えられず、ラドムVIS wz1935という何じゃそりゃな拳銃や、FN ブローニング・ハイパワーなどを支給された部隊もあったそうです。
使用弾薬は9mmパラベラム弾で装弾数8+1発、有効射程50mで銃身長125mm。
淡々とした事実を語るのは面白くないな~でもいい話も無いぜよ。
じゃあ事実を面白くしてやろう。
アメリカ軍ではP08とこの銃をパクるのがステータスのようでした、ベレッタM1934では死んだイタリア兵からの略奪もあったらしく、恐らくP08やこの娘もそんな憂き目にあったのでしょう。
ちなみに仕上げの色がナチスの制服の色に似ていたことからグレイゴーストと呼ばれていたようです。中二だな
べつに抱かれたものがすべて消え往くわけではありません。
あ、うっかりP38とac41の刻印を忘れてた!
あきらめよ、
次回は改定します。
ではまた次回。
プロフィール

たけひろ君

Author:たけひろ君
どうもこんにちは、良くこのブログへいらっしゃいました。歓迎いたします。めくるめくるしょうも無いネタの数々をご堪能あれ。
コメントは気軽にどうぞ、たくさん書いていってくださいね(悪口は厳禁)
メールはこちらまで
silvergantoretΧyahoo.co.jp
Χを@に変えてください

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カテゴリ
未分類は黒歴史。 みないで~見るなっつってンだろがぁぁぁぁぁ!
ツイッター
書いてる小説
小説サイトで僕の小説をまとめて読もう。 (ライダーイン東方だけだけどね)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。